当院院長のブログ

自分の価値観を知っていますか?

2019.09.20更新


こんにちは、院長の田島です。
皆さん、9月にはどの様なイメージがありますか?

私の勝手な価値観では、夏が終わって寂しい気持ちになります。
また、若い時に1度9月に体調を崩しパニック・動悸を起こした辛い経験があるので、9月には少し怖いイメージを持っています。
40何年間生きてきて、たった1度の経験が何年も記憶として残るものですね。

(前回のブログ「体験・経験が、神経の財産になる。」でも書きましたが、経験・体験が記憶に残ります。)

そのため、夏の疲れも出る9月は、積極的に休息を取っています。
当院に通われている患者さんの中でも、調子が悪くなった時期が不安と言う方が多いです。
しかし、皆さん学習・成長しているので、上手く調整・休息をしてその時期を乗り切っています。

少し話しを戻しますが、9月のイメージや価値観は皆さん違いますよね。
暑い夏が終わってホッとしている方、まだまだ暑い夏を楽しんでいる方、一人一人異なります。
この違いが人間関係のストレスを生む、一番の原因ではないでしょうか?

親子関係、夫婦関係、会社関係、友達関係などで、そのような違いからストレスを感じることはありませんか?

例えば、親だったら普通こうするよね… 子どもなんだから親の言う事聞きなさい…
夫がもっと家事をしてくれても… 食事の時は黙って食べたいんだよな…
上司だったらもっと仕事してくれよ… 今の若者は積極性が…
友達なのにそんな言い方なくない… 友達なんだから応援してくれるよね…
など。色々あるとは思いますが、皆さんどうでしょうか。

以上のようなズレはあって当たり前です。
色々な考えの方があるから面白かったり、尊敬出来たり、新しい物が生まれます。
しかし、日々の中ではズレがあると「どうして分かってくれないんだろう」「どうして出来ないのかな~」がストレスになりますよね。

では、どうしたらストレスを軽減できるでしょうか?
その人を自分の価値観にさせる、考えを伝える。それも一つですが難しいでしょう。
人は変えられないとよく聞きますからね。

「自分の価値観・思考の幅を広げて相手を許す」「受け入れる状態になる」と、精神的ストレスは上がらないそうです。
体調が良くなくては許す・受け入れることが難しいので、その為にはまず自律神経の状態を整える事が重要になります。

許す・受け入れることは副交感神経が優位に働いているので、体の回復・再生機能が強まります。
実は、価値観を明確化することで精神的安定が上がるのです。

明確にする方法は「自分が今、大切にしたい事」を箇条書きで良いので書き出す事です。
他人からの評価や成果ではなく、自分の内面から出てくる大切にしたい事を思い出して書き出してください。

自分の考えが明確になることで、行動に迷いがなくなり自信がつき精神的安定が生まれます。
すると、他人に対して許す・受け入れる気持ちが出てくるのです。

私の場合は、向上、健康、楽しい、気遣いですかね~まだありますが…。
価値観のズレはあって当たり前、自分をもっと理解することで自己肯定感が上がるので是非やってみてください。

ブログ一覧