当院院長のブログ

体験・経験が、神経の財産になる。

2019.08.16更新


こんにちは、院長の田島です。
暑い日が続いていますが、熱中症になっていませんか?

私は去年、軽い脱水症状・熱中症になり辛い思いをしました。
自己管理が出来ていないのと、自分は体力があるという過信が招いた熱中症でしょう。
去年のこの体験・経験があったため、今年の夏は熱中症にならないように工夫して過ごしています。

睡眠時間を確保する、適度にエアコンを使う、水分補給、汗をかいたら塩分も意識して取るなど。
一般的な事ですが、熱中症の辛さを知ったことで意識して行動できるようになりました。

人の記憶は、経験・体験したときに感じた感情があることで強化されます。
夏なので皆さん、子どもの時の夏休みの記憶は大人になってからより鮮明に覚えていませんか?
幼児期はまだ脳が発達段階なのであまり記憶として残らないそうですが、「ワクワク」「ドキドキ」「ヒヤヒヤ」したという感覚は残るそうです。
小学生以降は、「楽しかった」「怖かった」「感動した」「辛かった」「おいしかった」「冷たかった」「暑かった」など、感覚と感情記憶に残っていくそうです。

皆さんが小学生時代の夏休みに経験したことを思い出してみてください。
出来れば楽しかった事や嬉しかった事を思い出して懐かしんでください。
懐かしむ事は自律神経の副交感神経を活性化させます。

副交感神経が優位になると、体の回復・再生機能が強まります。
体の力が抜けやすくなり、質の高い眠りにつけるようになります。
(寝苦しい暑さの時は、少しでも快適な温度して副交感神経が優位にさせて、良い睡眠をとることにより暑い夏を乗り切りましょう。)

現代人は頭(思考)を使う事が多く、五感で感じる事が少なくなっていると言われています。
特に視覚情報ばかり酷使して、眼精疲労・肩こり首こり・頭痛で困っている人が多いですね。
最近では聴覚まで使い、聞いて本を読むというものもあるそうです。

実は同じところばかり使っていると、その神経ばかり発達して、使わない神経は弱くなっていくらしいのです。
目や耳をよく使い、鼻や口をあまり使わないと、鼻や口は発達しないかもしれません。

鼻は、匂いを嗅ぎ分ける・鼻呼吸をする事により神経が活性化していきます。
化学的な匂いではなく、自然の匂いを最近感じていますか?
花の匂い、森の匂い、海の匂いなど…。

口は、加工食品の同じ味な物ばかり食べていませんか?
大きな声で話していますか?自然な食べ物の味が分かりますか?キスをしてますか?
今は人と話さなくても物が買えたり会わなくても連絡を取り合えるので、話をする機会が減り言葉が出てこない人が増えているそうです。

皆さん想像してみてください。
目と耳が大きく、鼻と口が小さくなると、どの様な姿になるでしょうか。
私の個人的想像では、昔テレビで見た宇宙人が浮かびます。
このまま便利な世の中になり体も使わなくなれば、頭だけ大きい宇宙人に進化していくのではないでしょうか?
(あくまでも個人的想像です。)

折角の夏です。
海に行ったり森に行ったりしていつもと違う五感を使って体の声を感じてください。

9月にはラグビーワールドカップが開催されます。
人間同士の体と体のぶつかり合いに興奮して、感じるままに応援するのも良いでしょう。
興奮をさらけ出し大声を出してストレスを発散し、交感神経を活性化してみてはいかがでしょうか。

ルールが分からなくても必死に戦っている姿に感動する体験をしましょう。
頑張れニッポン!

ブログ一覧